可愛く着るための私流ウエスト詰め講座

スカートのウエストサイズを詰める方法を紹介します。(私流なので正解とかではないです。皆さんも工夫してやってみてください!)今回は愛用のmerlot【コットンフレアスカート】のウエストを詰めていきます。
こちらのスカートは後ろがゴム仕様になっています。詰めてもあまり分からない後ろの脇を詰めていきます。(前でもいいけど詰めた部分が目立ってしまうので今回はゴム部分で誤魔化しのきく後ろを詰めます。笑)どうぞお試しください!



用意するもの

針、スカートと似たような色の糸、まち針、ハサミ

※糸が見えやすいように今回は黒い糸を使っています。

❶ 何cm詰めるか確認する。

今回は例として6cm詰めることにします。後ろの両脇、2箇所で詰めていくので右左で各3cm詰めていくことになります!詰める部分は赤い丸で囲っている部分で先に右側を縫います(写真参照)

❷ 詰める部分を待ち針で固定。

脇から3cm測ります。赤い線同士をくっつけるようなイメージで折りたたみ、待ち針で固定します。(自動的にピンクの線もくっつくような感じになります)上からみると、Z型の三つ折りになります。

上からみるとZ型です⬇︎

 

❸ 表側を縫う。

⬆︎画像の赤の部分と上の端を縫っていきます。玉留めが表に出てしまうとかっこ悪いので内側から縫い始めましょう〜!

赤い丸の位置ぐらいに糸を出します⬇︎玉留めの位置は内側だったらどこでも大丈夫ですよ!

次に、1番奥側の布をすくいます。針の刺し位置や布をすくう量は縫いやすいようにお好みで大丈夫です!写真を目安にざくざく縫ってみてください!⬇︎

《綺麗に仕上げるためのPOINT》

少し糸をきつめに引っ張って縫っていくと糸が見えにくくなります!

手前の布をすくう、奥側の布をすくうを繰り返して⬇︎の位置くらいまできたら..

スカートを横にして同じように縫っていきます。

手前の布をすくう、奥側の布をすくうを繰り返してこの辺り⬇︎まで来たら裏側で玉留めをします。

糸がたるまないようにきつく縫っていくと、このように糸があまり見えず仕上がりが綺麗になります!

❹ 裏側を縫う

スカートを裏返して、次は⬇︎のピンクの部分を縫っていきます。

表を縫った時と同様に縫っていきます。(玉留めは裏側にくるようにします。)

表と同様に糸は少しきつめに引っ張ってたるまないようにしてください💡

左側も反転するようなイメージで縫ってみてください🎶全体でみるとこんな感じ⬇︎縫った部分がわかりません✨👏

ざっくりの説明とわかりにくい写真で申し訳ございません。あとはいつも通りコーディネート⭐️

以上、可愛く着るための私流ウエスト詰め講座でした〜!最後まで読んでいただきありがとうございます。

Scroll to top