切らない!簡単裾上げ講座【パンツ編】

今日は自分で簡単にできるパンツの裾上げ方法の紹介です。表から縫い目がほとんど見えない「流しまつり縫い」のやり方を説明します。「まつり縫い」にも種類があるのですが、私がいつもやっている1番簡単な縫い方です。

用意するもの

針、パンツと似たような色の糸、まち針、ハサミ、アイロン

※糸が見えやすいように今回は白糸を使っています。

 

裾上げ幅確認・固定

何センチ裾上げするか確認したら、パンツを裏返し裾上げする分を折って待ち針で固定していきます。(軽くアイロンをかけると待ち針が打ちやすいです。)

待ち針の打ち方

  • 待ち針を打ちたい部分の端と端の2箇所を先に打ちます。留めた2箇所の中間を留めます。必要であればその中間に、また中間にと細かく打ってください。
  • 待ち針は縫う方向に直角(垂直)になるように打ちます。
  • 布をすくう量は少なめにして針は奥までいれないようにします。

以上、3つのポイントを抑えると布がずれにくくしっかり留めることができます。

 

流しまつり縫いのやり方

折った手前から縫い始めます。始めるところはお好きなところで大丈夫です。私はいつも布の突きあわせ(脇)から始めています。

針を引っ張るとこの辺りに糸が出てきます。

次に奥側の生地をすくいます。表に縫い目が見えないように、ほんの少しだけをすくうのがポイントです。生地の糸を1本、2本をすくうイメージです。

悪い例

布をすくいすぎると表に縫い目が見えてしまうのでNGです🙅

続けてまた手前に針を通します。奥→手前→奥→手前…と繰り返して、ぐるっと1周するまで縫っていきます。

糸こきをする

玉留めをする前に、内側に指を入れて、画像のように左右に軽く引っ張ります。縫い縮みを防ぎます。綺麗に仕上げるために大事な工程です!糸こきをしたら見えないところに玉留めをしてください。

仕上げ

折り目にアイロンをかけます。素材によっては生地がテカるものもあるので当て布をしてアイロンをかけることをオススメします。

完成!

「流し」まつり縫いというだけあって、このように縫い目は流れるような感じになります♪

表は縫い跡がポツポツ見えるくらいで糸はほぼ見えない状態です🌟素材によってはポツポツがはっきり見える場合もあります。

流しまつり縫いは裾上げだけではなく、お洋服のほつれ留めにも使えます。覚えていても損はないのでぜひ手縫いでやってみてください!スカートのウエストを詰める記事もおすすめです👇

▶︎ 私流ウエスト詰め講座

以上、切らない!簡単裾上げ講座【パンツ編】でした。最後まで読んでいただきありがとうございます✨

Scroll to top